南粤美食(ナンエツビショク)の煲仔飯(土鍋飯)

南粤美食の煲仔飯

煲仔飯(土鍋飯)
ここ最近、中華街にオープンしたお店の中では唯一の掲載です。店名に付く粤は広東を意味します。最近の中華街では広東人が新規で出店するのはかなり珍しい。

煲仔飯(ボウチャイファン)は、一人前の小さな土鍋で作る香港風釜飯のこと。広東語で煲は鍋、仔は小さいという意味になります。以前は、大珍楼の中に入った保保好(ポーポーコー)で食べることが出来た広東の郷土料理。煲仔飯に欠かせない「おこげ」は土鍋で炊き上げるからこそ味わえるもの。

煲仔飯は冬の料理ですが南粤美食では年中食べることが出来ます。写真の具材、干し肉は冬季のみ。ランチの煲仔飯(土鍋飯)は900円~。洗米後、吸水させたお米を用意しておき、注文を受けてから炊き始めます。出来上がるまで約20分待ち。

B-CHAN
煲仔飯(ボウチャイファン)は炊きあがるまでに約20分待ち。
PANDA
最近オープンしたお店で広東は珍しいね。

◆店舗情報 南粤美食(ナンエツビショク)
広東料理
所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町165-2 INビル
定休日:不定休
営業時間:11時30分~23時30分
食べるべき一品:煲仔飯 東江塩焗鷄

レ点 お店や料理 みんなの評価
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単にお店や料理を評価することができます。



口コミ/コメント投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセルする

口コミ/コメントを投稿する


平均評価:  
 2 件の口コミ
by ampof

ランチの丸鶏の塩蒸し焼きごはんをいただきました。脂っぽさはゼロで、皮も肉も適度な噛み応えと旨みがあって、とても美味しかったです。シンプルに肉の旨みを味わいながらごはんを食べることができる、貴重なお店です。帰りに自家製叉焼を持ち帰りにしたので、家では叉焼ごはんにします。

by パンダ@横浜中華街

福建人が経営者として出店する事がいまの中華街の主流。広東人が広東の小規模店を出すのは珍しい。20分待ちの煲仔飯がメインでどうなるかと思っていましたが徐々に他のランチも整備され、マニアが食いついたことで口コミも格段に広がりこれからかな。

関連したその他のお店や料理

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!